Project story02

プロジェクトストーリー 02

国内大学の学びを支える
サービス manaba

“現場”の声に耳を傾けながら一から開発した manaba は、
大学を中心に日本の多くの教育機関に採用されているクラウド型の教育支援サービスだ。
「ITリテラシーの有無」を問わず誰でも活用できることを主眼に、
“シンプル”で“簡単”であることにこだわり開発している。

CHAPTER1

朝日ネットが manaba を始めた理由

2007年に提供を開始した manaba は、現在109校の教育機関で、実に78万人以上のユーザーが日々利用している。(※2020年12月現在)
当時、朝日ネットでは企業や教育機関に向けて自社開発したグループウェアのサービス「ATSON-1」を提供していたが、「ATSON-1」ユーザーの大学からの相談がきっかけで manaba が誕生した。

当時はまだ manaba のようなLMS(ラーニング・マネジメント・システム)が今ほど普及しておらず、導入している大学でも海外製のLMSが主流だった。オンプレミスかつインターフェースの難解さも手伝って、一部の教員しか利用できないことや、学生から操作についての問い合わせが多いこと、職員の管理の手間がかかっていたことが課題としてあった。その課題を解決するために、サーバ管理の手間が不要でセキュアなクラウド型、日本の教育現場に合わせたシンプルで簡単なインターフェースの manaba が開発されたのだ。

コーポレートメッセージである「つなぐをつくる、つなぐをささえる」にもある通り、情報技術を活用し人と人との交流の価値を高め社会の発展に貢献するために manaba の開発は始まった。

CHAPTER2

コロナ禍でも教育を継続

2020年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響により教育現場は未曾有の事態に陥った。大学では “対面での授業”による教育を継続することが困難となり、インターネットを活用した“遠隔授業”への切り替えを余儀なくされたのだ。

manaba を導入しているほとんどの大学で manaba を中心とした“遠隔授業”へ切り替わった。また、LMSを今まで導入してこなかった大学からも『すぐに manaba を導入したい』と多くの声が寄せられた。中には申し込みから一週間で全学利用したいという要望もあった。

利用状況からみると manaba へのアクセス数はこれまでの5から10倍にまで膨れ上がり、システムに多大な負荷がかかることとなった。朝日ネットでは急激なアクセス数増加の状況下においても“遠隔授業”を実施できるようにするため、サーバーの増強など追加の設備投資の対策を講じた。また大学の協力もあり、大過なく manaba を提供し続けることができた。

CHAPTER3

様々な教育現場で、取り組みを支援

manaba は北は北海道から南は沖縄まで、学生数が1,000人未満から30,000人以上と様々な規模で大学を中心に短期大学や高等専門学校(高専)、各種専修学校、最近では中等教育、特に高等学校など様々な教育機関で活用されている。

導入校が多様で導入校数が多いことから様々な活用事例を教職員へ紹介できるということも manaba の強みとなっている。現に manaba は正課の授業を支えるのみならず、様々な取り組みで活用されている。例えば

●試験対策講座の実施
国家試験や各種資格試験、語学試験などの合格率を高めるための対策講座をオンラインで実施する取り組み
●実習・課外活動の支援
看護実習や教育実習、留学、インターンシップ活動やボランティア活動など、教室から離れた取り組みをサポートする活動
●入学前教育の実施
入学が決まった生徒と大学の繋がりを作り、大学入学後の授業に備えた基礎知識の習得を促すための入学前教育を実施する取り組み
●高大連携
中学校・高等学校での学びの履歴を manaba に蓄積し、その情報を大学での学修指導の際に活用する取り組み
●キャリア支援
大学での学修記録や面談履歴を manaba に蓄積し、就職支援の際に活用する取り組み

他にもここでは紹介し切れない多くの様々な“教育現場”での取組がある。 manaba は“現場”の教職員と作り上げてきたという自負がある。「システムを導入したらそこで終わり」ではなく、導入してからが本当の勝負である。悩んだとき、困ったときに、その課題を manaba の活用によって乗り越えた数々の“現場”での事例を紹介することも manaba の提供価値だ。これからも全国の教育現場で起きている様々な課題に対して、様々な活用事例や経験を元に提案し解決に向け立ち向かっていく。

その他の
プロジェクトストーリー

Project story01

プロジェクトストーリー 01

ASAHIネットについて

インターネット接続事業で培った高品質なネットワークサービスとその運用実績を強みとする朝日ネットは、様々な業態の顧客に向け多様なサービスを提供している。その特徴的な事例を紹介する。