事業内容

事業概要

当社はインターネット接続サービス「ASAHIネット」の運営を基盤とし事業を展開しています。また、コミュニケーションのインフラとなる関連サービスの開発・販売を積極的に推進しています。
ASAHIネット
インターネットを活用した便利なサービスを積極的に展開しています。

事業戦略

つなぐをつくる、つなぐをささえる。

新しいコミュニケーションの形をつくり続けること、そしてそれをしっかりとささえ続けるという考え方に基づき事業を展開しています。

IoT/M2Mの需要を捉え、ISP事業拡大を推進

graph01

法人向けインターネット接続サービスの売上が伸びています。

直近の業界動向としてIoT/M2M市場の急速な需要拡大があり、POSレジ、監視カメラ、デジタルサイネージ、警備システム、Wi-Fi、インターネットVPNなど、幅広い利用用途で当社のインターネット接続サービスをご利用いただいております。この分野は、引き続き好調な拡大が予想されています。

そのような中、当社としては専用アクセスラインを活用したクラウド・カメラソリューションの提供、小売業・飲食業・サービス業などの店舗で利用される業務機器向けのインターネット接続サービスの提供に注力しています。

需要の見込める市場に対し、適切な形で当社サービスをフィットさせながら ISP事業の拡大を進めています。

IPv6の通信ネットワーク構築による収益構造の転換

graph02

これまでインターネット接続サービスは一般家庭・オフィスにおけるインターネット利用が多くを占めていましたが、IoT/M2Mの台頭により「モノ」に通信機能を持たせインターネットを活用するケースが増加しております。特にビジネスシーンにおいて需要拡大が顕著です。またインターネットの高速大容量化が進んだことで動画配信サービスを利用する方も増加しております。そのため世界的にインターネットのトラフィック(通信量)は増加する傾向にあり、それは当社においても例外ではありません。

そのような中、当社では2017年にISPとして初めてネイティブ方式のIPv6ネットワークを構築しました。これにより従来以上に高品質なサービスを提供することができるようになります。加えて、通信トラフィックが増加してもコスト上昇を抑制できる収益構造に転換してまいります。

2016年度にこの収益構造の転換を図りました。今後は、通信トラフィックが増加してもコスト上昇を抑制して売上高の拡大を目指すことで高収益を実現してまいります。

manaba 全学導入校の拡大を目指す

manaba

manaba は当社が2007年より展開している教育機関向けの支援サービスです。

現在、文部科学省では「アクティブ・ラーニング」による能動的な学習への取り組み、「反転授業」といった新たな取り組みを推進しています。

manaba は、教育機関におけるこれらの取り組みを容易にかつ効果的に実施できるツールとして多くの採用実績があります。2017年3月末時点で全学導入校は76校にまで拡大しています。

最近では、大規模多人数同時参加型オンライン(MMO)アンケートアプリ「respon」の導入も急速に進んでおります。respon は授業やイベント会場で意見や感想をその場で集計し、結果をグラフィカルに共有できるアプリです。スピーディなライブ感溢れる新しい学び体験を提供しています。

当社は、引き続き教育市場に新たな価値を提供し続けることで、manaba の全学導入校の拡大を目指してまいります。

関連リンク